私が開発した美味しいコーヒーの淹れ方をご紹介

コーヒーを淹れるにあたっておいしい飲み方というのがあります。

まず、コーヒー豆ですが、産地によって味わいというのが変わります。一般的に売られているブレンドという名前が付いたコーヒーは、様々な産地のコーヒーを味の度合いに合わせて配合されているものになります。

用意するのはこのほかに、サーバーと、ドリッパー、フィルターです。1杯あたり12gになります。12gを1回1回計るのは大変なので、コーヒー用の計量スプーンがありますのでそれにすりきり1杯分がちょうど12gになっています。次にお湯の温度ですが90℃程度のお湯にしてください。まず、サーバーをお湯で温めてください。

特に冬のこの時期だとサーバー自体が冷たいことがあるので、ぬるくなってしまいます。次に20ccのお湯を「の」の字を描くように入れて20秒ほど蒸らしてください。この際に中心から真上にそそぐようにしてください。水面が上から1/3程度減ったら80cc→40cc→20ccの順番で3回に分けて優しく注いでください。

コーヒーのカスが、均一な厚みの層になってて、細かな泡が残っていれば雑味のないクリアな味に仕上がります。最後にあらかじめ温めておいたカップにコーヒーを注ぎましょう。

コーヒーそのもののお味を味わうのなら砂糖やミルクなしのブラックの状態で飲むのがおすすめです。