カフェラテとカフェオレの違いを

カフェラテとカフェオレの違いをご存知ですか?

そもそもの言葉の違いとしてはカフェオレはフランス語、カフェラテはイタリア語なのですが、言葉の意味としてはコーヒーに牛乳を混ぜたものという意味があります。ですが本質は大きな違いがあります。

まずカフェオレは、普通のコーヒーに牛乳(ミルク)を混ぜたものです。そしてカフェラテは、エスプレッソという、普通のコーヒーよりも高い圧力をかけて抽出したコーヒーにミルクを加えたものです。

コーヒーの抽出の仕方でカフェラテかカフェオレかが変わるのです。

ちなみに、本来はカフェラテの場合は冷たい牛乳は使わずに、温めた牛乳を使うのですが、正直お店によってはそこまでこだわっていないお店も多いように思いますね…(笑)近頃コンビニやスーパーなどで売られているパック入りのコーヒーなんかではカフェラテとカフェオレの表記が曖昧になっているものも多いですし、ほとんど言葉の違いだけだろうと思っている方ももしかしたら多いのかもしれませんね

ちなみに、カプチーノというのは先述したエスプレッソに、温めた牛乳と泡立てた牛乳を加えた飲み物です。最近流行っているカプチーノにイラストなどを書く飲み方もラテアートではなくカプチーノアートと呼ぶべきなのかもしれませんね。

月末に訪れるコスパ抜群のコーヒーショップ

月末は節約したいので、よくドトールコーヒーを利用します。

なぜなら、おいしいコーヒーがお手頃な値段で飲めるからです。価格は、200円前半の金額だったような気がします。

そして、コーヒーと一緒によく頼むのがホットドックです。ホットドックは、オーダーが入ってから作ってくれるのでパンも温かいし、パンに乗っているウィンナーもフランスパン系の長さに合わせてあるのでとてもおいしいです。マスタードとケチャップが絶妙なバランスで合います。

シンプルなんですが、細長いので食べやすくおいしいです。コーヒーも飲みやすく、香りが立っておいしいです。酸味があるコーヒーだと思います。わたしは、注文するときはブレンドコーヒーではなく、アメリカンコーヒーを頼んでいます。後味が、さっぱりしていて苦みが残らないので飲みやすいアメリカンにしています。

お店の雰囲気は、場所によって違いますが笹塚にあるドトールコーヒー店はおすすめです。都内ですが、お店の広さがゆったりしているのでいやすいです。ただ、心配な点は、いつも混んでいます。休日でも、小学生のいる家族連れからお年寄りまで利用している年齢層が幅広いので大人気なため席が確保が大変です。タイミングが重要だと思います。