カフェラテとカフェオレの違いを

カフェラテとカフェオレの違いをご存知ですか?

そもそもの言葉の違いとしてはカフェオレはフランス語、カフェラテはイタリア語なのですが、言葉の意味としてはコーヒーに牛乳を混ぜたものという意味があります。ですが本質は大きな違いがあります。

まずカフェオレは、普通のコーヒーに牛乳(ミルク)を混ぜたものです。そしてカフェラテは、エスプレッソという、普通のコーヒーよりも高い圧力をかけて抽出したコーヒーにミルクを加えたものです。

コーヒーの抽出の仕方でカフェラテかカフェオレかが変わるのです。

ちなみに、本来はカフェラテの場合は冷たい牛乳は使わずに、温めた牛乳を使うのですが、正直お店によってはそこまでこだわっていないお店も多いように思いますね…(笑)近頃コンビニやスーパーなどで売られているパック入りのコーヒーなんかではカフェラテとカフェオレの表記が曖昧になっているものも多いですし、ほとんど言葉の違いだけだろうと思っている方ももしかしたら多いのかもしれませんね

ちなみに、カプチーノというのは先述したエスプレッソに、温めた牛乳と泡立てた牛乳を加えた飲み物です。最近流行っているカプチーノにイラストなどを書く飲み方もラテアートではなくカプチーノアートと呼ぶべきなのかもしれませんね。